Recent Posts
Featured Posts

現代車(ヒュンダイ自動車)、自動車のハッキング防止技術の開発であるスマートフォンによる侵入遮断が目標

現代自動車が自動車ハッキング防止技術の開発に乗り出した。自動車とインターネットをシームレスに接続されている「コネクテッドカー」時代を迎え、ハッキングによる事故の危険が大きくなったためである。来年初めまでの技術開発を終え、現代自動車は、コネクテッドカーシステムに適用することにした。韓国国内の自動車メーカーでは初めての試みとなるものであり、関連業界の関心が集中した。

19日業界によれば現代車は去る3月、現代オートエバーを介して自動車のハッキング防止技術の開発を開始しました。 1年間のプロジェクトとして行われる今回の技術開発が成功すれば、現代車は、そのコネクテッドカーシステム「ブルーリンク」と起亜自動車「UVO」にこれを適用する計画であると伝えられた。

専門家たちは、車のセキュリティを大幅に屋内セキュリティと屋外セキュリティに分ける。屋内セキュリティは車両に直接接触した状態で行われる侵入を防ぐのに重点を置く。一方、屋外のセキュリティは近距離と長距離通信網を介した侵入の試みを封鎖するのが目的である。特に最近の長距離移動通信網を利用したコネクテッドカー広く普及し、これに対するハッキングの懸念が高まった。

(*コネクテッド・カーは、様々な組み込み機器にインターネット接続すること)

今回、現代車が注目するのは、長距離通信を介したハッキングである。ブルーリンクは、スマートフォンを利用するため、一般的な通信回線を使用する。現代車が運営するサーバーと車を接続することがスマートフォンであるが、この新しい高速をくぐって入ると、サーバーが車を降るコマンドを歪曲する可能性があるのだ。このような可能性に懐疑的な反応を見せた現代車は昨年、国内で行われたハッキングのデモに影響を受けて対応に乗り出したことが分かった。

事案に精通した業界関係者は「昨年、国内のある大学で、スマートフォンにマルウェアを感染させる方法で走る車をハッキングして勝手に操縦するデモをしたことがある」とし「チョン•ウィソン副会長など経営トップレベルで完璧な防御システムを作成指示したと聞いている」と述べた。

活発なハッキング対応の議論が行われている海外とは異なり、これといった動きがなかった状況で、現代車が直接動き出したという点で、車両のセキュリティ関連の業界は歓迎の意を示した。

業界関係者は、「コネクテッドカー普遍化されている状況で、セキュリティ技術の開発が急務にも国内では放置していた側面がある」とし、「一歩遅ればせながら、関連の議論が活発になると期待する」と述べた。

http://www.etnews.com/20140819000194

Follow Us
아직 태그가 없습니다.
Search By Tags
Archive
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square