PUF 
: Physically Unclonable Function, 物理的な複製防止機能

 

 

半導体製造工程で発生する変化値を利用して値(Value)を生成する機能。各半導体ごとに異なる​​値を生成して、半導体の指紋とも同じ役割をする次世代半導体アプリケーションのセキュリティ技術。

PUF

ハードウェアベースのセキュリティシステム 
 

世界的に都市化、文書のデジタル化、金融、セキュリティの強化、NFC導入の増加などにより、セキュリティ用チップの導入がこれまで以上に活発に行われているが、同時に、セキュリティチップの機能を阻害してプライバシーを侵害する攻撃も巧妙になっている。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PUF技術は、IC Chip、USB、Storage、OTP、mTPM、M2Mなどの多くのアプリケーションに適用され、システムのセキュリティを強化させることができる。 

 

物理的な複製防止機能(PUF)は、全ての半導体製品に存在する固有の「指紋」を利用して暗号化キーを保護することにより、個々の半導体チップのデータの盗難を防止する革新的な技術である。この技術を使用すると、セキュリティチップの複製が事実上不可能にし、リバースエンジニアリングやコンピュータのデータ侵害行為を防止することができる。さらに、そのチップを生産した工場でさえ、同じ暗号キーを持つチップを製造するのは難しい。

 

Physical Unclonable Function

 

同じチップのレイアウトと設計にも極小の変形に製造工程上で予測不可能な任意の物理的なシステムの値を生成する。

 

 

現在のセキュリティの問題について、当社が提供する解決策

 

 

 

 

Current security systems are exposed to hacking and cloning

No Human, No Software, No Memory

現在のスマートカード·システムに対する当社のソリューション

PUFは、Keyがなく、工程で発生する差による物理的なマッピングの結果のみが含まれます。

以前の PUF
当社が提供するPUF技術

 

 

簡単! 

キー値の変動がありません。

さまざまなセキュリティアプリケーションに適用

 

 

Our process-based PUF

is stable!!!

出処 : 産業技術総合研究所(AIST)YouTube

transistor、capacitance、ampなどのcomparator使用 

 

環境によってキー値が変動

   (noise、leakage、current、time、temperature and etc。)

 

エラー訂正モジュールが必要 - 商業化の主な障害

半導体デバイスの電気特性の違いを利用したランダム値生成