エネルギー専門企業

日光エナジー開発株式会社

当社、日光エナジー開発株式会社は太陽光発電を中心に風力、水力, バイオマス など再生可能エネルギーインフラの開発・工事・運営しており、

 分散型発電が可能な環境にやさしいPE-IGCC発電所を建設し、世界の環境にやさしいエネルギーの供給に貢献しています。 

そして、LEDとBattery、ESS制品を利用して、効率的なエネルギー活用や供給を図っており、クレジットカード、携帯電話のUSIMチップ、偽造防止IC Tagなど、数多くのセキュリティアプリケーションに活用が可能な物理複製防止機能(PUF)の技術を供給している社会と地球環境に貢献することを目指す環境にやさしいエネルギー企業です。 

press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
1/1

太陽光

 

 

NIKKOでは、事業主として、もしくは開発協力、売却協力、部材供給と様々な形で太陽光発電事業に、取り組んでおります。2012年7月より日本でFIT(固定価格買取制度)がスタートしましたが、弊社では日本でFITが始まる4年前よりメガソーラーに着手しており、アドバンテージがございます。

 

国内はもちろん、海外でのノウハウなど多数実績がございます。案件情報(売りたい・買いたい)や困りごとがございましたら、ぜひ、弊社にご用命くださいませ。

PUF

 

 

: Physically Unclonable Function,

   物理的な複製防止機能​

 

半導体製造工程で発生する変化値を利用して値(Value)を生成する機能。各半導体ごとに異なる​​値を生成して、半導体の指紋とも同じ役割をする次世代半導体アプリケーションのセキュリティ技術。

PE-IGCC

 

 

​: Plasma Enhanced Integrated Gasification Combined Cycle

   プラズマを利用した石炭ガス化複合発電所

 

石炭ガス化複合発電技術(IGCC: Integrated Gasification Combined Cycle)は石炭、石炭、重質残渣油、バイオマスなどの低価原料を高温、高圧のガス化炉にて、蒸気と一緒に限られた酸素で不完全燃焼およびガス化させ、一酸化炭素と水素が主成分である、合成ガスを生成し、精製工程を経た後、ガスタービンを運転してできた蒸気を利用して蒸気タービンを一緒に駆動する複合サイクルを利用して発電する新技術を意味する。

 PE-IGCCは、IGCCガス化工程において、高圧や酸素設備の代わりにプラズマトーチをガス化の際に、用いることで、既存のIGCCが持つ複数の限界を克服した技術である。ほとんどの工程が、燃料をガス化し、このガスを精製して発電に利用する工程でできている。.

LED照明

 

 

LED照明は高效率、長寿命というメリットを持っていますが、既存照明に比べて購入価格が高いため、代替時費用が多くかかります。

そこで当社はLED照明代替リース事業を展開して、初期費用負担がなく、これまでの電気料金より少ない金額をリース料で納めるようにして、お客様は費用の追加負担なく、LED照明代替の電気削減効果と費用削減効果が得られます。

News